**かふぇ・わら**
〒856-0012
長崎県大村市池田1丁目48−1
TEL   : 0957-51-0787
OPEN  : 10:00 - 22:00
定休日 : 金曜日

      

ホーム

  

     コ コ ロ と カ ラ ダ に よ い モ ノ よ い ト コ ロ ~

 

               『 地産地消 と 医食同源 』

   「自然と健康」 をコンセプトに、安心安全な地元産の食材を使うことを心がけ

    お米を おいしく食する「 日本のカレー 」 に こだわりました。

    米は雲仙の契約農家で作っている無農薬の有機栽培米「ヒノヒカリ」

    カラダに良いといわれている胚芽の残る五分搗きにし、県産の黒米をブレンドしております。

 

    わら のカレーはフレンチをベースに、インド系のスパイスを調合したものです。

   「スパイシーな南インド風のチキンカレー

   「ヘルシーで爽やかな欧風のトマトカレー

   「有明の海苔で仕上げたあま辛・黒カレー」の3種のルゥをご用意しました。

   → 口当たり、口残りが悪くならないように、胸やけしたりしないように

    スープ作りの際にもあく抜き、脂抜き を心がけて作っております。

 ※辛さは 「幼児向け♡甘口 から 危険な★超辛」 まで8段階からお選びいただけます。

    野菜と果実の甘味の後に辛さがくるように仕上げております。

 

    珈琲は甘い香りでスッキリ飲みやすい『トミオ・フクダ』

    徹底した品質管理で安心できるブラジル日系人農園の豆です。

    前菜のお漬け物やデザートのヨーグルトも自家製です。 

    

 『 御 案 内 』

※ 営業時間 : 昼 = 午前 11時 から 午後2時オーダーまで 。 

        :  夜 = 午後   6時 から 午後9時オーダーまで 。

       → カレールゥ 他、食材 がなくなった場合は早めに準備中になることがあります。

       →  カレーと時間外の 予約は可能 ですのでお電話ください。⇒ ☎0957-51-0787

       →  貸切 (8人以上) 等のご要望も お電話にて お問いあわせください。

※ 店休日  : 祝日以外の金曜日 (臨時休業有=HP/FB  にて、ご確認ください)

 9月のお休み → 7(金) 14(金) 21(金) 28(金) 

※ 客席20席:  P3台 (P 少ないため、相乗りしていただけると助かります)

※ 公共機関でのアクセス :長崎からは空港リムジンバス各停、高速シャトルバスなら中央橋から約30分。

               大村「ろう学校前」バス停にて下車、徒歩3分、池田北1分

               JR 大村線 諏訪駅より徒歩10分 他。詳しくはお尋ねください。

 

 NEWS : 『ふくろ橋のカレー屋さん』  (※袋橋は眼鏡橋のひとつ下流の石橋です)

 長崎市内でも『わら』のカレーをお気軽に、カジュアルに食べていただけるお店がオープンしました。

コチラだけのスパイシーなカレーもご用意しておりますよ。

ナビ→観光通りからだと、中通りに入って次の路地を左へ曲がり、スグ右手です。

TEL 095-823-8127 長崎市東古川町2−5  
営業時間 11:30~20:30
定休日 無休 P:近くに有料駐車場あり

 

 『 CURRY 』

  30代の頃から暇さえあれば 山奥に行って渓流釣り や 温泉巡り、そしてカレーの食べ歩き。

  好きが高じて「自分のカレー」を創りたい気持ちが強くなり退社、なぜか阿蘇へ向かった。

  小国郷のフレンチレストラン にて学んだ後、独自に調合、創作し 作り上げたヒトサラです。

 2004年 初夏.熊本県阿蘇郡小国町北里の山奥に「源流の湯・かリィカフェ 藁 」 を開業。

 2008年 春.    長崎に帰郷したが、やはり山深い大村市黒木の渓谷の傍らに店を移転。

 2013年 春.  黒木を下り 大村ICに近い池田にて 現在、営業させていただいております。

       これまで 通ってくださった皆様 に より 愛されるよう 

        そして 新たなお客様 にも 喜んで いただけるよう

 「美味しいカレーでオモテナシしたい」 という初心 を 忘れずに、お待ちいたしております。

   水とお米にこだわったホタルの里のカレー小屋   「かりぃかふぇ わら」 店主

 

 

~ ~ ~ ~ ~  わ ら の む か し ば な し  ~ ~ ~ ~ ~

 むか~しさ 釣り好きの男が筑後川ば探りながら ずーっと上流まで遡って行きよったとげな.

そしたら涌蓋山のにきまで行ってしもうてさ、そこは肥後阿蘇、ホタルの舞う小国町の北ん里。

日本の原風景ば感じるとこで、よか人たちにも巡り会うて、川んわきで露天風呂とカレーの

店ば しはじめたげな。おいしか湧き水に ちなんで店の名前ば 「water=ワラ」 = 藁 てしたとてさ。 

ある夏、涌蓋山におっとろしか雨の降った勢いで有明海までおし流されてしもうた藁は 多良岳ば越えて

大村の黒木に着いたとげなばってん ・ ・ ・ 興味のある方はブログ迄: http://plaza.rakuten.co.jp/cafewater/